仮免プログラマの軌跡

Android 端末だけで Android アプリを作ったり、技術やガジェットネタをぽつぽつと

スポンサーリンク

第2回将棋電王トーナメント予選リーグ観戦

スポンサーリンク

先日書いたとおり、本日から電王トーナメントが開催されてます。今日は予選リーグということで、全25チームの中から明日の本戦トーナメントに出場できる12チームを決める戦いが行われました。

第2回 将棋電王トーナメント 予選リーグ - 2014/11/01 11:00開始 - ニコニコ生放送

 取りあえず通常の盤面表示(青と灰色を貴重としたやつ)がちょっと見にくい上に、4面表示とかされると何がなんだか。電王盤の表示(通常の将棋版と同じ配色)がやっぱり好み。後は、注目のカードの盤面は別アングルで見れるとかして貰えるとコアなファンは喜ぶのではないかなと思ったり。さらに言えば、世界コンピュータ将棋選手権のように対局が終わった棋譜はすぐに見れるようにして欲しい。「何でこんな形になってるの!?」という対局(例えば、1局目の『やねうら vs ponanza』戦で、何時の間にか後手が角を美濃囲いしてたのが正常な形に戻ってた、とか)を追えないってのはちょっと観戦者としては残念。全体的にイベントとしての演出は魅力的になっているけど、『将棋の観戦』という部分ではもう一歩踏み込んで頂きたいなぁと……。でも、両ソフトの評価値がリアルタイムで見れるとかは非常に良いっす。
 まぁ、そんな細かい話は置いておいて、実力差がそこそこある予選リーグはやっぱり面白い。世界コンピュータ将棋選手権でも1次予選が非常に面白いと感じている異端な自分の感想ですが。例えば、一方がどう見ても負けている局面でも両方とも「自分が優勢だ」と評価しているシーンなんかは中々上位の戦いでは発生しない。でもそれもソフトの個性であり、そのソフトを作った製作者の個性であると思うと何ともいとおしい感じになる。それでもやはり全ソフトが参加の予選リーグということもあって、解説の遠山五段を唸らせる対局も見られたりもするのがさらに面白いところ。

最終的な予選リーグ通過者は以下の通り。

  1. ponanza 8勝
  2. Apery 6勝1敗2分
  3. やねうら王 5勝3敗
  4. Selene 5勝3敗
  5. N4S 5勝2敗2分
  6. 習甦 5勝3敗
  7. AWAKE 5勝2敗2分
  8. さわにゃん 5勝3敗
  9. Calamity 4勝3敗1分
  10. nozomi 4勝3敗1分
  11. 激指 4勝4敗
  12. ひまわり 4勝4敗

※やねうら王と Selene は順位は同じく3位

 激指が予想外の11位ですが、あたりが強かった気もするので個人的には明日は期待してます。とは言っても、明日の初戦の相手は習甦なので厳しいのは間違いないですが。ponanza はやっぱり強い。対局数も少ないので運が絡むこともありますが、この面子相手に全勝は凄い。明日も本命ですね。そしてギリギリまで色々と仕込んでいたやねうら王もしっかりと結果を残しているのは素晴らしい限り。いや~、明日も楽しみです。


第2回将棋電王トーナメントは明日から予選スタート(忘れかけてた) - 仮免プログラマの足跡

広告を非表示にする