仮免プログラマの軌跡

Android 端末だけで Android アプリを作ったり、技術やガジェットネタをぽつぽつと

スポンサーリンク

だらだらと電王戦リベンジを観戦なう

スポンサーリンク

 明けましておめでとうございます。年末には実家に帰ってのんびりしてましたが、twitter で将棋電王戦のリベンジマッチを年越しでやると聞いて見てました。DQX で貯まった福引券を消費しながら、さらにテレビ見ながら、という感じなんでそれほど真面目に見れてませんがw
 今回のリベンジマッチは前回の電王戦の『森下九段VSツツカナ(勝者ツツカナ)』に関するもの。森下九段の考案したルール(『継ぎ盤(人間が次の手を考える為に自由に使って良い将棋盤)有り』『持ち時間が切れた後は一手10分』)が盛り込まれていた模様。対局を観戦していると確かに人間側にミスが少なくなるルールだなと感じられた。対局は森下九段がジリジリと優位を保ちつつ、優勢の場面で『長時間対局のため中断し、後日に持ち越し』となった。そりゃあ一手10分なら長くもなるな。続きは見れたら見ようかしら。しかしここら辺のルール整備って難しいっすな。
 ともかく、森下九段、中継関係者の皆様お疲れ様でした。

将棋電王戦棋士激闘録〈第3回〉

将棋電王戦棋士激闘録〈第3回〉

広告を非表示にする